現在の顧問税理士や会計事務所に疑問のある経営者の方へ

「税理士3.0の世界」

~ 税理士のトリセツ(取扱説明書)~

会計事務所スタッフの何気ないアドバイスで、大きな機会損失や

間違った経営判断をしていませんか?

「税理士3.0の世界」~税理士のトリセツ(取扱説明書)~
ダウンロード


			  

吉田一仁税理士

はじめまして。
「お金と時間の最適化パートナー」
ファイナンシャルコーチ®・税理士の吉田一仁と申します。

個人事業主や中小零細企業の経営者を最も近いところからサポートする「お金のプロ」として、すでに10年以上の歳月が経ち、いままで数百名以上の経営者の方々に関わらせていただきました。

「お金と時間の最適化パートナー」吉田一仁とは?

有限会社future-ing 代表取締役 / 株式会社ワンストップサービス 代表取締役
吉田一仁税理士事務所 代表 / ファイナンシャルコーチ・ジャパン 代表

1977年東京都生まれ、世田谷区在住。

中小零細企業の社外CFO(財務幹部)として、スマートな「資金調達・資金繰りサポート」で経営者の心に余裕をもたらすお金を確保し、 シンプルでわかりやすい「お金の見える化」でお金をコントロールし、成功している経営者の「考え方」に基づく成果の出る「経営コンサルティング」でお金を生み出すサポートをしつつ、 経営者の意思決定を正しい方向に導き、お金の心配をしない経営ができるようサポート。

年収200万円以下の零細企業の社長から、ビジネス書のベストセラー作家・某キー局で活躍中のタレント・一世風靡したアパレル会社の社長・女性経営者・年収1億円を超える企業の会長など、幅広い層から支持を受けている。

酒・たばこ・ギャンブル好きで自由気ままな収入ゼロの自営業の父と、時給1,000円のパートでコツコツと家計を支える真面目な母という家庭で育ち、お金に不自由な少年時代を過ごす。

そんな中、真面目に働いているのにお金・時間に不自由な人もいれば、自由な時間を過ごしながら有り余るほどのお金を持っている人がいることを不思議に思い、お金について学んでいくことを決意。

大学在学中から税理士の勉強を始め、2001年12月に税理士試験に合格。
また、2003年からファイナンシャルプランナーの勉強をし、2月にAFP・11月に世界23か国の国際認定資格CFPを取得。
その一方で、コミュニケーションの重要性を感じ、2000年12月から国際コーチ連盟認定プログラムである「コーチ・トレーニング・プログラム」でコーチングを学ぶ。

卒業後、渋谷の大手会計事務所に4年半勤務し、お金の知識とコーチングスキルを活かした税理士としてさまざまな業種・業態の決算書や経営者に触れる。

ところが、中小零細企業の経営者に真摯に向き合おうとすればするほど、会計事務所の限界を感じる。

会計事務所は、経営者に最も身近で頼られる存在だからこそ、経営の意思決定に多大な影響を及ぼす。
それなのに、ほとんどの会計事務所が実際に経営したことのない担当スタッフに業務を丸投げで、知らず知らずのうちに従業員視点の・教科書的な「考え方」をすり込んでいるのではないか。

そんな限界を打破するため、2004年1月、中小零細企業の社外CFO(財務幹部)として、お金を確保し・お金をコントロールし・お金を生み出すサポートをしつつ、経営者の意思決定を正しい方向に導く専門家「ファイナンシャルコーチ®」として独立。

堅いイメージの専門家からは大きくかけ離れた柔らかい見た目と、難しい専門用語は一切使わず「図」や「例え話」などを活用しながらわかりやすくお金の考え方を説明することをモットーに、 会計事務所勤務時代も含め20年弱の税理士経験を通じて、514社の決算書を分析し、218名の経営者にコーチングを提供。(2017年7月現在)
メディア等でも活躍し、フジテレビ放映のフジ銀行ではコメンテーターとして出演。

「誰と経営の話をするかによって経営者が得られる成果が大きく変わる」との信念のもと、代表者自らが直接経営者とコミュニケーションを取ることを何よりも重視し実践している。

こんなことに疑問を感じていませんか?

  • 顧問契約をしているのに、経営者視点のプロのアドバイスはほとんど受けられていない
  • 顧問契約をしているのに、経理や会計などに関する雑務にあなたの貴重な時間を奪われている
  • お客様のために毎日頑張っているのに、なぜか手元にお金が残っていない・増えていない
  • ビジネスでは毎年利益が出ているのに、なぜか個人の通帳にお金が残っていない・増えていない
  • キャッシュフローをしっかりと踏まえて、ビジネス戦略を練っていきたいのに、気軽に相談できる相手がいない
  • 新商品や新サービス、新しい営業方法などを考えていきたいが、気軽に相談できる専門家がいない

こんな風にしていきたいと思いませんか?

  • 経営者視点からのプロのアドバイスを積極的に受けていきたい
  • 「ブランディング」「マーケティング」「ビジネス戦略」など、経営者同士の会話を定期的にしていきたい
  • 経営者がわざわざやる必要のない経理や会計などに関する雑務を手放していきたい
  • 経営者にとって「本当に大切なこと」(営業活動などの本業)にしっかりと時間を使っていきたい
  • 会社だけでなく経営者個人のお金もしっかり踏まえたキャッシュフロー管理をしていきたい

このレポートに書かれている具体的な内容

このレポートには、以下のようなことが書かれています。

税理士とは

税理士事務所勤務時代に感じた「さまざまな違和感」

税理士が感じる「税理士への疑問」

「税理士3.0」の時代

これからの時代に経営者にとって必要な「3つのポイント」

「税理士3.0」のかたち

お客様からこのような声をいただきました

キュア株式会社

代表取締役 小谷田 綾子様

不況にも負けず、赤坂見附駅前の東急プラザで「ネイルサロン」「リラクゼーションサロン」を営んで、10年目を迎えました。

吉田さんにアドバイスを頂きながら、個人事業主から有限会社を経て、現在はキュア株式会社に成長しました!

このように個人事業から有限会社、そして株式会社にステップアップ出来たことは、吉田さんのおかげだと思っています。

税務の実務ができる方はたくさんおられます。

しかし、経営者との話し合い、目指す方向性にむけて親身になって取り組んで下さる税理士の方は、非常に少ないと思っています。

当社は、吉田さんからの経営に関する提案で数多くの改良ができ、私自身の経営者としての視点も養われたと思っています。

「成長し続けたい」と想う気持ちを理解し・支援してくださる税理士が、吉田さんです。

幅広い視点でとらえ、率直な意見をいただけるのが大変助かります。

いつでも対応してくださり、心から感謝しております。

これからもさらにステップアップしていけるように、幅広い視点からのアドバイスをよろしくお願いします。

株式会社エリアネット

代表取締役 山口 敏明様

税理士というと、「堅い」「まじめで融通きかなそう」「態度が偉そう」・・・

こんなイメージを私はもっており、実際、そういう方をたくさん見てきました。

吉田さんは、そうした税理士のイメージを払拭させてくれます。

まだ起業して間もないわれわれの精神的サポートの役割も担ってくれています。

彼の発言がポジティブなので、いつも前向きな気持ちにもさせてくれます。

たかが税務、されど税務。

「経営には税務知識が不可欠(とホリエモンも言っていました。)」ですが、鋭い税務アドバイスに限らない幅広いコンサルティングも吉田さんの魅力です!

これからもどうぞよろしくお願いします。

まずは、このレポートをお読み下さい!

もし、「税理士」という専門家をもっともっと有効活用して、

あなたの手元にしっかりとお金を残していきたいと考えているのであれば、

まずは、このレポートを登録して・読んでみてください。